株の信用取引を始める際の証券会社の選び方

まずは手数料の安さが大事

投資を行う上では証券会社へ口座を開設する必要がありますが、近年は非常に数多くの証券会社が存在しており、その中から最も良い会社を選択する事は簡単ではありません。しかし、各証券会社を比較するための基準を設ける事で、何を基準に決めればよいのか判断が出来ます。その中でも特に手数料は今後取引きを行う上で最も重要な基準となります。出来るだけ安く取引きが出来る口座を活用する事で、無駄なコストを削減する事にもつながりますので、まずは各証券会社のコストに注目するところから始めます。

取引きツールで各社の特徴が

各社顧客獲得のために様々な取引きや売買のツールを提供しています。その中でも特に近年はスマートフォンでいかに簡単に取引きが出来るかが重要なポイントとなっています。忙しい人でも空いた時間を使って、いつでも株取引が出来る様にスマートフォン専用のアプリの提供から、スマートフォン専用のサイトを展開もしており、パソコンだけではなくスマートフォンで利用が出来るツールから選択する事も出来ます。各社ツールのイメージを事前に確認をし、より使いやすそうなシステムやツールを見つける事をお勧めします。

NISA口座の開設は忘れずに

株投資を行う時に、必ずNISA口座開設の点も忘れずに申請をします。NISAとは年間120万円までの取引きに関して税金が免除される新しい制度です。一般的な口座での売買となると、利益から一定額の税金が徴収されてしまいますが、NISA口座ではその税金を支払う必要がありません。そのため、株投資を行う際にはまずNISA口座の中から活用する事をお勧めします。NISA口座は一人一つの口座しか持つ事が出来ませんので、口座作成の証券会社の選択が重要となります。

株の信用取引ならではの利点として挙げられるのが、空売りが出来ることです。下落トレンドにおいても大きな利益を狙うことは、現金取引では不可能だと言えます。