これでもう大丈夫!火災保険の上手な選び方

不要な補償はどんどん削っていきましょう

火災に伴う被害の補償だけから始まった火災保険ですが、近年は落雷や落石、水害や盗難などその範囲は非常に多岐に渡っており、総合住宅保険の体を成しています。ですが、その全てを選択すると毎月支払う保険料は大変な額になってしまうので、取捨選択して不要なものは削っていくことが大切です。たとえば、鉄筋造マンションの上層部に済んでいる人にとって、水害や落石補償などはまず必要ありません。住宅が一戸建てでも、災害リスクが低い地域や立地なら削るべき補償は多いでしょう。あまりに削りすぎてしまっては保険として不十分になってしまいますが、多すぎても負担が増えるだけなので、バランスの良い補償内容を心がけたいものです。

販売方法による選び方

火災保険は、販売方法によっても選ぶことが出来ます。従来の対面型販売は、安心感が魅力です。火災保険は、補償対象や範囲などについての絞り込みが難しい性質を持ちますが、対面販売であれば色々とプロのアドバイスを受けられるからです。ただし、保険代理店の中には、経験の浅い未熟なスタッフしかいないところも多いので気を付けましょう。もうひとつが近年普及しているネットによる直接販売です。人件費が上乗せされていない分だけリーズナブルですが、全てを自分で決めなくてはならないので、初心者には不向きかもしれません。

保険期間を決めることは大切です

補償内容を全て決めた後は、その期間を決めなければなりません。火災保険は最短1年、最長10年となっていますが、当然長期契約になるほど1年あたりの保険料は割安になります。ただし、日本の住宅の多くは年を追う毎に価値が下がることが殆どなので、その下落率との整合性には気を配る必要があるでしょう。資産価値が落ちづらいマンションにおいては長期、一戸建ての木造住宅は短長期といった具合に適切な期間を策定することで、無駄な保険料支払いを抑えられます。

火災保険は、火災に関係した被害だけが補償対象だと誤解されていますが、実際の範囲は多岐に渡ります。例えば水害や台風被害なども対象とすることが可能です。