審査に落ちたくない!気になるクレジットカードの審査基準って?

初心者が落ちる理由とは?

クレジットカードを初めて作るといった方で審査に落ちてしまう方の多くがケアレスミスをしています。申し込みの際に提出する書類に記入漏れやズレがある事で審査を通過出来なかったという方は意外と多いんですよ。記入した直後だけではなく、提出前にもしっかりと記入ミスがないか確認すると良いでしょう。また、審査の際に必要になる身分証明書等の不備で審査を受けれないといった方も珍しくありません。クレジットカード会社によって必要になる身分証明書が異なる場合もあるので、こちらの確認も忘れないようにする事が大切なんですよ。

審査基準は会社によって違う?

審査基準は、クレジットカード会社によって異なっています。また、明確な審査基準を公表している会社もありません。しかし、どの会社の審査でも必要になるのが「社会的信用」なんですよ。しっかりと支払いが出来る事を証明する事で審査を通過出来ます。社会的信用は「一定の収入」「同じ会社でのある程度の勤続年数」とされています。収入面では、金額の多さよりも安定した収入、勤続年数は短くても半年以上といった点が重要視されているんですよ。

もちろん審査に含まれる!現在・過去の利用履歴

現在・過去でのクレジットやキャッシングの利用履歴も審査基準に含まれています。利用した金額ではなく、返済期日を守っているかといった返済トラブルの有無が大切になります。また、多くの方が見落としがちになる点が「分割払いでの携帯電話の機種代」です。機種代の分割払いも立派なローンとなっている事から携帯代の延滞・遅延をしている場合は、審査に落ちる事も珍しくありません。審査の申し込みをする前に携帯代の支払いに問題がないか確認すると良いでしょう。

利用代金を後払いするために使用されるカードで、個別認証のため番号や磁気記録などが付いています。クレジットカードは加盟店での利用が可能です。