現役高校生が専門学校に転校する事は出来るの!?

高校生活将来の夢が決まったら!

普通化の高校に通う場合には、高校の授業で専門の知識を身につけることは出来ません。高校生活を送っている間に将来の夢が決まる事は少なくありません。ですがその目指したい職業が専門の仕事の場合には、高校の勉強よりも専門の知識が身につく学校に通いたいと考える方もいるでしょう。専門学校は高校を卒業してから通うのが一般的ですが、中学校卒業で専門学校に入学する事も出来るんです。自分が目指したい職業の専門学校が中学卒業後に入学出来るのであれば、転校するという選択肢もあります。

高校を転校してまで専門学校に入学する必要がある!?

目指したい職業が専門職の場合でも、高校を転校してまで専門学校に通うべきなのでしょうか。中学校卒業後に入学出来る専門学校は少ないのですが、その場合には専門学校卒業と同時に高卒の資格ももらえます。高校を卒業してから専門学校に入学するよりも早く専門の資格を取得出来る事がメリットです。ただ専門の高校の場合には現在通っている高校の授業内容とは違う事を学ぶので、編入というよりも、入学という形になるので、現在の年齢と考えて転校するかどうか検討しましょう。

どんな専門学校があるのか

中学卒業と同時に専門学校に入学できるのはどのような学校なのでしょうか。技術系、美容系、看護系など様々あります。看護系では高校を卒業し看護学校に入学するよりも1~2年早く正看護師になる事が可能です。ですが一般科目の勉強もしなければなりません。大変ですが早く資格を取り看護師の仕事をしたいと考える方には良いでしょう。そういった看護学校は国内にいくつもあり、通学制なのか寮なのかによって学費は大きくかわってきます。ですのでメリットとデメリットを天秤にかけて、進路を決めましょう。

高校を転校することは容易ではありませんが、きちんと手続きを踏みさえすれば、転校が可能です。転校の際、一般的に学力を試す試験を受ける必要があります。